Home » 日々 » 2014年に第2回「福島みずほの女性と政治スクール」に参加しました

2014年に第2回「福島みずほの女性と政治スクール」に参加しました

この写真は、8年ほど前の若かりし頃に、福島みずほさん(参議院議員/現・社民党副党首)と一緒に撮った写真です。発掘したので掲載してみました(笑)

MA330053

昨年2014年4月16日に参議院議員会館で開催された第2回「福島みずほと女性政治スクール」に参加しました。

<概要>

<第2回>
日時: 4月16日(水) 午後6時~8時
場所: 参議院議員会館 会議室(未定)
テーマ: 「政治を変えよう 首長と女性議員多いに語る」
第1部 「首長としての取り組み」 保坂展人(世田谷区長)
第2部 「女性議員多いに語る」
福島みずほ(参議院議員)、小宮清子(千葉県議会議員)、阿部浩子(港区議会議員)、市来とも子(杉並区議会議員)、脇礼子(藤沢市議会議員)など

資料代: 500円

http://www.mizuhoto.org/news/2014/03/416.html より

福島みずほ事務所で主催している「政治スクール」についての説明を転載します。

各分野の専門家・活動家を招き、講義と質疑応答を行う形で、「一緒に政治を変えていこう」を合言葉に、みんなで政治の諸問題を勉強して力をつけるための場です。政治の諸問題について勉強したい、という意欲のある方は、どなたでも参加できます。
http://satta158.blog98.fc2.com/blog-entry-29.html

「福島みずほの政治スクール」には「市民の政治スクール」「女性政治スクール」というバリエーションがありますが、いずれも講師や参加者を社民党員 や支持者に限定したものではないオープンな勉強会です。2014年に始まった「女性政治スクール」については、女性議員を増やしたい、特に2015年の統一自治体 選挙にむけて一人でも多くの女性議員が誕生するようにという目的をもって開催されました。第1回は、2014年2月19日に和光大学教授の竹信三恵子さ んを講師に「アベノミクスとジェンダー 家事労働ハラスメント」と題して開催され、私が参加したのは第2回で、第3回は6月11日に福島みずほさんを講師に 「政策を学ぶ」というテーマで開催される予定です。(http://www.mizuhoto.org/news/2014/02/post-58.html より)

 


 

<自分のこと>

「福島みずほの政治スクール」は、関心のあるテーマで開催されていることが多く、インターネットで見かけて興味を持っていました。わたしは第二子妊娠中でしたが安定期に入っていたその時が参加できるチャンスと思い、社民党宮城女性局に相談して支援を受け、仙台から日帰りで参加しました。

第一部の講演をされた保坂展人さんに は、世田谷区長になる前の社民党時代、わたしが北海道の札幌で選挙に立候補した際に応援メッセージをいただいたり、一緒にイベントを行ったり、お世話になっていました。区長になられてからはお会いすることもお話を聞く機会もなかったので、講演を聞くのが楽しみでした。また、第二部の「女性議員多いに語 る」のパネラーである杉並区議会議員の市来とも子さんとは、2011年の区議会議員選挙中のスタッフをさせていただいたご縁がありました。

3/15の社民党宮城県連合第22回定期大会にわたしは代議員として出席し、女性局を代表して発言をしました。その内容を、仙台市議会議員のひぐちのりこさんのブログで も簡単に紹介していただいておりますが、「社民党は党則で女性の割り当て制度(クオータ制)をうたっている。県連合内でもクオータ制の導入を求める。自治体議員選挙の新人候補者は女性を優先して検討してほしい。また、「候補者擁立委員会」の委員を決める際に女性の割り当てはあるのか」といった要望と質問を いたしました。

今回の「福島みずほと女性の政治スクール」で各地で議員として活躍している女性達の話を聞き、また、議員を目指していたり政治に関心をもったりして集まった受講者の方々と接することで、よい刺激を受け、宮城に持ち帰って女性局の活動に生かしたいと考えていました。

さて、当日です。

みずほと女性の政治セミナー写真

やる気まんまんで一番前の席に座ったので、写真を撮る時以外に会場全体の様子を見ることができませんでした(笑)。40人くらいの参加者があったのではないかと思います。

第一部、第二部のレポートを別の欄に書きます。


Comments are closed.