Home » 政策 » 社民党の自治体政策

社民党の自治体政策

社民党の自治体政策 http://sdp-municipality.jp/

社民党の重点政策

社民党は安倍政権が進める「戦争のできる国」づくりに反対し、地域から平和と民主主義を守ります。「世界で一番企業が活動しやすい国」づくりではなく、地域に安心のセーフティネットを確立し、安心して暮らせる福祉社会を築いていきます。

「平 和と福祉はやっぱり社民党」という言葉を肝に銘じ、社民党は地域に平和憲法の理念を広げ、「人といのちが輝くまち」をめざしていきます。それ は、一人ひとりの顔が見えるまち、子どもが元気なまち、参加と共生のまち、住民参加でつくるまち、緑豊かなまち、あなたの夢を実現するまちです。

人 口減少や地域の疲弊は、自民党政権による構造改革や大企業の利益確保を優先する経済政策の帰結です。地域の再生には格差拡大を進めるアベノミクス とは逆の発想が必要です。暮らしの安心と元気の確保のためには、競争社会が切り捨て、犠牲にしてきたセーフティネットを人と人との連帯の力で取り戻してい くことが大切です。

「自治体消滅」という脅しで競争を進める「地方創生」ではなく、地域の人々が、住み慣れたまちで、いつまでも安全・安心、快適に暮らしていけるようにすることこそが真の地域の再生です。社民党はそのために全力をあげます。

人といのちが輝く社会 =社民党の提案=

【9つの重点政策】

子どもの貧困ゼロ宣言!

沖縄県民と連帯 辺野古に新基地はつくらせません

平和憲法を守り、「戦争のできる国」への法整備を止めよう

「残業代ゼロ」より「過労死ゼロ」 労働者保護ルールの改悪には反対です

不安、危険な原発再稼働に反対。再生可能エネルギー促進し脱原発社会の実現へ

若者に光をあてる制度改革を進めます

地域から男女間格差の解消をめざします

サービス削減と負担増にNO  地域に安心のセーフティネットを

農山漁村や過疎地つぶしではなく、住民主役の安全・安心・快適な地域の再生を


「社民党アクションプログラム」

―すべての若者に「ホーム」を―

http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/data/121129youth.pdf

 


 

社民党のホームページ
http://www5.sdp.or.jp/